掃除してもすぐにフローリングがザラっとした感じになる・・・って思ったことはありませんか?

そんな人に注目していただきたいのがこちらのiRobot社から登場しているブラーバジェット240です。

自動お掃除ロボットのルンバで一躍有名になったiRobot社ですが、雑巾がけをしてくれるロボットも登場させました。ブラーバジェット240はその第二世代にあたる雑巾がけロボットです。

その性能はさすがiRobotといった感じで、場所に応じて自動で水を噴きつけて雑巾がけをしてくれます。塗れた雑巾を常に装着しているわけではないので床がびしょびしょになってしまう心配がグッと減りました。

さらにモップを取り替えることでいろんな拭き方が可能になっていて、洗浄剤が含まれていて念入りに掃除ができる「ウェットモップ」、同じく洗浄剤が含まれていますが水を少なめに使う「ダンプウィープ」、水を使わない「ドライスウィープ」の3つが用意されています。モップのランニングコストはかかりますが、フローリングや畳など状況に応じて使い分けられるのはうれしいですね。

もちろんセンサーがついていて段差の回避も可能。カーペットなどを濡らしてしまわないように段差を回避するセンサーも搭載しています。ルンバは少々の段差も乗り越える機能を持っていましたがブラーバは逆に乗り越えないようになっているのが面白いですね。

床のザラザラが嫌という人はチェックしてみては?

IROBOT ブラーバジェット240を楽天市場でチェック

iRobot 【アイロボット Braava ブラーバ ジェット 240 床拭きロボット / クリーニングパッド 6枚入り】【並行輸入品】をアマゾンでチェック

Braava jet 240をYAHOOでチェック

自動お掃除ロボットルンバが登場したときは話題になりましたが、今度はその水拭きバージョン、ブラーバの登場です!

面倒な床の水拭きやから拭きをこのブラーバがやってくれるんです。

充電器に手動でセットしないといけないという点や水拭きのあとは自分でタオルを外して洗わないというけないというデメリットはありますが、このブラーバのおかげで床がキレイに保たれるので裸足で生活する人が増えているとかいないとか。

何よりぞうきんを絞って床の上をせっせと拭く作業をしなくてもよくなるのは魅力ですよね。

ルンバとくらべて音が静かなのもうれしいところです。動いていてもぜんぜん気づかないこともあるのだとか。

タイル張りやフローリングのみの対応となっているので、じゅうたんやカーペットのお部屋はルンバ、フローリングやタイルのお部屋はブラーバと使い分けてお部屋の掃除をしてもらうといいかもしれませんね。

ブラーバ お掃除ロボット ルンバの床拭き版 ブラーバ380tの詳細を楽天市場でチェック