360度全方向の撮影ができるということで一躍話題をかっさらったリコーの THETAですが、今度は動画の撮影機能を搭載して帰ってきました!

360度全ての方向を静止画ではなく動画で撮影できるとは恐れ入りましたといった感じです。

撮影後にパソコンで画像変換処理を行う必要があるのと、動画の時間が3分間に限られてしまうという制限はありますが、臨場感のある動画を楽しめるというのはかなり大きなポイントなのではないでしょうか。

Wi-Fi搭載でスマホとの連携も可能です。スマホとの連携で、シャッターを押したり、撮影した静止画を確認、アップロードしたりと使い方も広がりますね。

新しい写真や動画の有り方に挑戦してみたい人はチェックしてみてはいかがでしょうか!

RICOH(リコー) THETA m15 ピンク [ コンパクトデジタルカメラ ] の詳細を楽天市場でチェック

RICOH デジタルカメラ RICOH THETA m15 ホワイト 360°全天球イメージ撮影デバイス をアマゾンでチェック

リコー RICOH THETA(シータ) m15(ピンク)をYAHOOでチェック

今、話題になっているデジカメがこのリコーのシータです。

2つの広角レンズが搭載されていて360°全方向の写真、全天球写真を撮影できるのが面白いということで発売から時間が経っても人気はいまだに衰えていません。2つのレンズで撮影した写真をソフトウェアで処理して丸い全天球写真を作り出すようです。

なんでもカメラ2つで済む技術を開発したことによってレンズが少なくてすむのでその分コストの軽減につながったのだとか。

撮影した写真はスマホやPCに転送して楽しむことができ、FACEBOOKやTwitterでの話題づくりにも活躍しそうです。

RICOH/リコー RICOH THETA (リコー・シータ)の詳細を楽天市場でチェック

RICOH THETA 360°全天球イメージ撮影デバイスをアマゾンでチェック