スポンサードリンク

見た目はレトロなブラウン管なのに実は液晶テレビ!!

このレトロな外見。昭和のテレビを思い出しますよね。

でも実はこれ液晶テレビなんです。

ドウシシャの『ヴィンテージスタイル 20V型 ハイビジョンLED液晶テレビ』は木箱の中に液晶テレビが収まっています。外側は本当の木でできていてテレビの天板は開閉式。小物などを収めることができます。前面にも収納があってレコーダーの設置も可能とびっくりな構造!

さらに前面に配置されたダイヤルはきちんと操作が可能でチャンネルや音量の変更が可能。ガチャガチャとダイヤルを回して操作をすることで昔を思い出したり、逆に若い人は新しい感覚に触れたりといろんな人が楽しめそうなテレビです。

見た目がレトロだから機能が・・・といったことも無く別売りUSBハードディスクによる録画が可能ですし、端子もHDMI入力が2系統、LAN端子、デジタル音声出力を搭載しています。

また、赤外線リモコンが付属しているのでリモコンでの操作も可能ですし設置は付属の短脚にかえればテレビ台の上に設置も可能となっていて見た目からくる不便な感じはまったくありません(20型なので画素数はさすがに1366×768のハイビジョンです)。

お部屋の雰囲気をレトロな昭和の雰囲気に仕上げたいという人はチェックしてみてはどうでしょうか。

DOSHISHA CORPORATION VT203-BRを楽天市場でチェック

DOSHISHA 20V型 ヴィンテージデザイン ハイビジョン液晶テレビ 外付けHDD対応 VT203-BRをアマゾンでチェック

LED液晶テレビ VT203-BRをYAHOOでチェック

スポンサードリンク

ワッフルのお皿が簡単に作れるワッフルボウルメーカー

甘いもの好き注目なのがこちらのワッフルボウルメーカー RWB-1です。

このワッフルボールメーカーは生地を入れて焼くだけで簡単にカップの形をしたワッフルを焼くことができます。カップにアイス、果物、生クリームなどを乗せて見た目にも食欲をそそるスイーツが簡単に作れるのはとっても楽しそうです。

作り方は簡単。余熱が完了したワッフルボウルメーカーに生地を入れたら蓋をして2分半~3分ほど待つだけでワッフルが焼きあがります。

また、入れる生地の量を調整すればいろんなサイズのカップを作ることができます。作りたいスイーツのサイズに合わせていろんな焼き方がでますし、カロリーが気になる人は生地に入れる砂糖の量を調整して低カロリーなワッフルを作ることもできます。

ワッフル以外にも使い方はアイデア次第

作れるのはワッフルだけではありません。白玉、フレンチトースト・・・スイーツ以外にも玉子をつなぎに使うことでご飯、焼きそばといった食材でボウルを作ることができます。

デザート作り以外にもおしゃれなおかずを作りたいという人にも役立つ1台となりそうです。

本体のほかに専用のレシピが付属するのでレシピを参考にいろいろ試してみるのも面白いかもしれませんね。

ウィナーズ RWB-1(R)を楽天市場でチェック

レコルト ワッフルボールメーカー レッド RWB-1をアマゾンでチェック

レコルト ワッフルボウルメーカーをYAHOOでチェック

スポンサードリンク

おしゃれな白いホットプレート!PRINCESS テーブルグリルピュア 103030

一見ただのテーブルのように見えるこの商品。実はホットプレートなんです。

これまでのホットプレートといえば黒い色が当たり前だったのでこのデザインはすごく斬新でおしゃれだと思いませんか?

機能面も充実

遠赤外線効果で外はこんがり、中はジューシーといった焼き上がりも期待ができますし、ノンスティック加工で油を敷く必要がありません。

プレートは平らでは無く、中央に向かってやや傾斜を付けてあるので中央の穴から余分な油が落ちるようになっています。

温度調節はダイヤルを回すだけで簡単、無段階で最大250℃までの加熱が可能です。

お手入れも楽ちん

プレートは湿らせた布などで拭くことで汚れを落とすことができますし、油受けは取り外して洗うことができます。プラスチック製なので軽くて取り扱いが楽です。

食卓がぐっと明るく

今までホットプレートは黒というイメージがありましたが、こうした白いホットプレートを食卓に置くことでグッとイメージが明るくなりますね。心なしか食材も美味しそうに見えます。

普段の食生活での肉や魚の調理、フレンチトーストやホットケーキはもちろんパーティーでのチーズフォンデュなど楽しみ方は様々。

白いホットプレートで食卓を明るくおしゃれに飾ってみてはいかがでしょうか。

PRINCESS 103030を楽天市場でチェック

プリンセス テーブルグリルピュア(103030)をアマゾンでチェック

PRINCESS 103030をYAHOOでチェック

家でパスタやラーメンを作れる我が家の麺職人が安い!

以前、フィリップスから発売されたヌードルメーカーは家庭で簡単に生麺を作ることができるということで話題になりましたが、ラオックスからも麺づくりができる製品が登場しています。

その名も「我が家の麺職人」。何がポイントかというとその価格です。調べてみるとヌードルメーカーよりもかなり安い価格で購入ができそうです。

機能もまずまずで、丸麺の太め、細め、平麺、マカロニの4種類のアタッチメントが付属しています。ボタンが3つでシンプルなのも特徴です。

粉をセットし、そこに水を加えるだけで自動でこねてくれるのでお手軽ですし、水の変わりに調味料やジュースを加えたり、アイデア次第でいろんな麺を作ることができるのはとっても面白そうですね。

機械でこねる点と押し出して製麺する関係上、生地が本体に残りやすくお手入れの手間はあるのですが、料理好きの人やいろんな麺を手軽に創作したいという人にとっては便利な一品ではないでしょうか。

「ヌードルメーカー」と「我が家の麺職人」、麺好きの人はチェックしてみてはどうでしょうか。

JOYOUNG 我が家の麺職人 JYS-N6を楽天市場でチェック

JOYOUNG 我が家の麺職人 JYS-N6 家庭用製麺機 JYS-N6をアマゾンでチェック

我が家の麺職人 JYS-N6をYAHOOでチェック

床が水拭きしたあとのあの感じに!Braava jet 240 ブラーバジェット240

掃除してもすぐにフローリングがザラっとした感じになる・・・って思ったことはありませんか?

そんな人に注目していただきたいのがこちらのiRobot社から登場しているブラーバジェット240です。

自動お掃除ロボットのルンバで一躍有名になったiRobot社ですが、雑巾がけをしてくれるロボットも登場させました。ブラーバジェット240はその第二世代にあたる雑巾がけロボットです。

その性能はさすがiRobotといった感じで、場所に応じて自動で水を噴きつけて雑巾がけをしてくれます。塗れた雑巾を常に装着しているわけではないので床がびしょびしょになってしまう心配がグッと減りました。

さらにモップを取り替えることでいろんな拭き方が可能になっていて、洗浄剤が含まれていて念入りに掃除ができる「ウェットモップ」、同じく洗浄剤が含まれていますが水を少なめに使う「ダンプウィープ」、水を使わない「ドライスウィープ」の3つが用意されています。モップのランニングコストはかかりますが、フローリングや畳など状況に応じて使い分けられるのはうれしいですね。

もちろんセンサーがついていて段差の回避も可能。カーペットなどを濡らしてしまわないように段差を回避するセンサーも搭載しています。ルンバは少々の段差も乗り越える機能を持っていましたがブラーバは逆に乗り越えないようになっているのが面白いですね。

床のザラザラが嫌という人はチェックしてみては?

IROBOT ブラーバジェット240を楽天市場でチェック

iRobot 【アイロボット Braava ブラーバ ジェット 240 床拭きロボット / クリーニングパッド 6枚入り】【並行輸入品】をアマゾンでチェック

Braava jet 240をYAHOOでチェック

姉妹サイトができました。

当サイト注目のおもしろ家電の姉妹サイトができました。
その名も「おもしろお菓子通販情報館」です。
おもしろいお菓子も探したいとい人はこちらもよろしくお願いします。
↓↓↓